相続には、人それぞれ十人十色の物語がある。相続をデザインする考え方も十人十色。

私たちは、相続の目的であり一番大切なことは、相続財産の価値を高めながら未来の相続人全員の豊かな生活設計を実現することと考えます。そのニーズに答えるために“相続鑑定士”が誕生しました。
相続とは、人の想いや財産を適正に円満に次の世代へ継承すること。
鑑定とは、未来に受け継がれる財産を正しい判断に導き、評価することです。
相続鑑定士は、未来の相続人と相続の専門家チーム※との橋渡しを行う相続デザイナーの役割として、不動産の知識と相続税の智慧を最適に融合させて相続財産を診断し最適な相続=「生き活き相続」の支援を行います。

本相続相談窓口の運営母体である全国相続鑑定協会のサイトに詳細な相続鑑定士のご紹介を掲載しております。
またこちらより相続鑑定士の一覧をご確認いただけます。

※相続の専門家チームは、全国相続鑑定協会に登録の税理士・司法書士・不動産鑑定士・土地家屋調査士・建築士・中小企業診断士・宅地建物取引主任者などの国家資格を有する専門家で構成されています。第三者として公平公正な立場で、価値ある資産を考え、創り、育て、守る、相続の専門家です。