farbeセミナー(更新認定)セミナーを開催します。
本ページの最後の申し込みフォームよりお申し込みできます。

セミナー詳細

~ 古貸家を相続する問題点と生前対策の必要性 ~

相続税評価と売却価格が乖離する不動産である「貸家建付地」。
その中でも相続する際に問題となる古貸家(アパート・マンション)。

相続税評価上、「築40年の2階建てアパート」も「8階建て新築賃貸マンション」も、同じ土地に建っていれば、どちらも「貸家建付地」の評価で“同額“になります。

相続実務において上記問題をどう解決するか?

当然、賃料や時価は異なるために、相続実務上は揉め事の原因になります。
特に古貸家は建物メンテナンスの状況によって時価は相当変わってきます。

遺言書があったとしても相続人は、メンテナンスがされていない古貸家を相続したいとは思わないかもしれません。

そこで、古貸家の生前対策として、
①借家人立ち退き後、建物を解体の上、新築マンションに建て替える
②リノベーションを施し賃貸アパートを継続する
③借家人居住のまま収益不動産として第三者へ売却する
の選択肢が考えられます。

その選択時に重要なのが費用対効果の分析と、上記物件を“誰が”承継するかという相続対策です。
特に、建替えに当たっては、立ち退き料・建物解体費・建築費という費用がかかります。その費用を借入できるのか、実際に借りた場合、家賃収入で返済できるのかもポイントになります。

当講座では古貸家を相続すると、どのような“問題点”が発生するのかを不動産理論を踏まえて解説していきます。
また、貸家を所有している方は地主層なので、生前対策相談を入口に相続税申告案件の受注にもつながります。
不動産の「相続対策メニュー」を増やしたい税理士や不動産事業者の皆さまの参加をお待ちしております。

プログラム
1.人口減少時代のアパート経営と相続
2.古貸家の相続の問題点
①相続税評価と時価
②賃料下落・空室率上昇と年間借入金返済額
③20年後の時価と借入金残高
3.建替え・リノベーション・売却の選択と相続問題

詳しくはこちらのページ(㈱Farbe)をご確認ください
※ICAN会員は、リンク先のフォームからお申し込みすると、割引制度をご利用できない場合がございます。
必ずこのページ下部のお申込みフォームからお申し込みください。

日時

東京生講座2020年3月9日(月)13:00~15:00(会場受付開始12:30)
オンラインLIVE講座2020年3月9日(月)13:00~15:00
オンラインアーカイブ講座2020年3月10日~4月末まで

受講料金

プラチナ会員:無料
ゴールド会員:12,000円(税込)(定価の2割引)
一般:15,000円(税込)

会場

ビジョンセンター浜松町
東京都港区浜松町2-8-14 浜松町TSビル4F,5F,6F
TEL:03-6262-3553
・JR山手線・京浜東北線「浜松町駅(南口-S5階段・金杉橋方面)」 徒歩3分
・東京モノレール羽田空港線「モノレール浜松町駅(南口-1出口)」 徒歩3分
・都営大江戸線・浅草線「大門駅(A1出口)」 徒歩5分

セミナー申し込み


プラチナ会員ゴールド会員一般


会場受講Web視聴(オンライン受講)


プラチナ会員(無料)ゴールド会員(割引価格・口座引落)ゴールド会員(割引受講チケット)一般(口座振込)