farbeセミナー(更新認定・上級認定)セミナーを開催します。
本ページの最後の申し込みフォームよりお申し込みできます。

セミナー詳細

不動産価値の評価手法は、事業の収益力に基づいた収益還元法(DCF法)が基本となっています。

不動産実務家としては、投資の検討・事業化の推進においても収益還元に基づいた評価方法を正しく理解し、精度の高い事業企画提案を行なうことや、根拠に基づいた具体的な提案を顧客に示すことが営業戦略上の必須条件となっています。

本講座は、不動産実務家としてDCF法の考え方を確実に身に付け、不動産保有企業や資産家に対して根拠に基づいた具体的な提案を行なえるよう、業務レベルで使えるDCF法の基礎知識から、不動産投資分析(レバレッジ効果、IRR法、リスク分析)や不動産キャッシュフロー表の作成など、多彩な演習を通して習得してまいります。

また、富裕層・資産家が、不動産投資をするメリットを収益性分析だけでなく、相続税対策や事業承継対策(CRE戦略)の観点から説明します。

そして、投資の目的に合わせた出口戦略(生前贈与、同族間売買、法人化、相続、売却・現金化、資産組換え、土地活用、建て替え、耐震化など)が提案できる真のコンサルタントを目指します。

セミナープログラム

【1日目】不動産DCF法の基礎
1.不動産投資の基礎
① 不動産投資の目的
② インカムゲインとキャピタルゲイン(ロス)
③ 不動産投資はサイクルビジネス

2.不動産投資と相続・事業承継対策との関係
① 投資家目線でのアドバイスに必要なマインド
② 資産家に対して有効な相続対策・・・時価と相続税財産評価の相違点
③ 企業オーナーに対して有効な事業承継対策・・・時価と簿価の相違点

3.不動産DCF法は「需要者サイド(買主保護)」の価格である
① バイヤーズエージェント(買主代理人)時代へ向けて
② 不動産DCF法を提案型コンサルティングに活かす

4.不動産の経済価値
① 不動産の経済価値発生のメカニズム
② 不動産の経済価値の本質
③ 不動産の収益
④ 価格と賃料~元本と果実との関係

5.不動産の利回りを見極める
① 利益率と利回りの違い
② 不動産の価値を算定する利回りの種類
③ 不動産売買における利回りと価値算定の利回りの違い
④ 割引率と還元利回りの違い
⑤ 還元利回りと最終還元利回りの違い

6.収益価格を求める手法
① 直接還元法・・・単年度で考える手法
② DCF法・・・複数年度で考える手法

7.不動産投資分析の基礎
① レバレッジ効果
② IRR(内部収益率)法の意味と具体的使い方
③ リスク分析

【2日目】DCF法の実務
1.不動産の出口戦略
① 相続(遺産分割)
② 贈与
③ 同族間売買(個人間譲渡)
④ 法人化
⑤ 第三者への売却

2.総資産利益率の算定とその目的
① 価値ある資産と価値のない資産の選別
② 利益率の改善提案・・・不動産の組換え
③ 相続税評価との比較

3.不動産キャッシュフロー表の作成 【実務演習】
① キャッシュフロー表からわかる実務ポイント
(1)収入項目のチェックポイント
(2)費用項目のチェックポイント
(3)大規模修繕費(資本的支出)の取り扱い
(4)NOIとNCF(ネットキャッシュフロー)
(5)利回り分析
(6)適正価値
② LTV(借入金割合)を変動させた場合のキャッシュフローの推移と借入金限度額
③ レバレッジ効果と自己資金収益率の算定
④ その他分析指標

4.「類型別」不動産DCF法実践演習

※本講座は、演習時に「電卓」を使用いたします。当日必ずご持参ください。

詳しくはこちらのページ(㈱Farbe)をご確認ください
※ICAN会員は、リンク先のフォームからお申し込みすると、割引制度をご利用できない場合がございます。
必ずこのページ下部のお申込みフォームからお申し込みください。

 

日時

東京生講座
〈1日目〉2019年11月12日(火)10:30~16:30(受付開始10:00)
〈2日目〉2019年11月13日(水)10:30~16:30(受付開始10:00)

受講料金

一般:95,000円(税別)
→ アイキャン会員は特別割引 75,000円(税別)

会場

ビジョンセンター浜松町
東京都港区浜松町2-8-14 浜松町TSビル4F,5F,6F
TEL:03-6262-3553
・JR山手線・京浜東北線「浜松町駅(南口-S5階段・金杉橋方面)」 徒歩3分
・東京モノレール羽田空港線「モノレール浜松町駅(南口-1出口)」 徒歩3分
・都営大江戸線・浅草線「大門駅(A1出口)」 徒歩5分

セミナー申し込み


プラチナ会員ゴールド会員一般

 ※Web視聴はありません。
会場受講


プラチナ会員(無料)受講チケット口座引落・振込